出会のテレビ朝日

出会のテレビ朝日
セフレの秋田朝日放送
人妻を岩手朝日テレビさせる
熟女に愛媛朝日テレビさせる
不倫の大分朝日放送
メル友の鹿児島放送
アダルトの熊本朝日放送
無修正の瀬戸内海放送
アダルトビデオの新潟テレビ21
カリビアンコムの長崎文化放送
天然むすめの静岡朝日テレビ
ホーム >>

船出会


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 このページは半保護の方針に基づき、一部ユーザーによる編集から保護されています。
日本教育テレビはこの項目出会へ転送されています。
大阪府にあるビデオ映像制作会社については日本教育テレビ (大阪府)をご覧ください。
株式会社出会 TV Asahi Corporation 種類 株式会社 市場情報 東証1部 9409 2000年10月3日上場 略称 EX、テレ朝 本社所在地 106-8001 東京都港区六本木六丁目9番1号 電話番号 03-6406-1111 設立 1957年11月1日 業種 情報・通信業 事業内容 放送法に基づくテレビジョン放送その他一般放送事業 代表者 代表取締役会長 広瀬道貞 代表取締役社長 君和田正夫 資本金 366億4280万円(2006年3月31日現在) 売上高 2493億8300万円(2006年3月期) 従業員数 1234人(2006年3月31日現在) 決算期 毎年3月31日 主要株主 株式会社朝日新聞社33.85% 東映株式会社16.09% 主要子会社 出会映像 出会ミュージック 関係する人物 株式会社旺文社 外部リンク http://www.tv-asahi.co.jp/ 株式会社出会(テレビあさひ、英称:TV Asahi Corporation)は、関東広域圏を放送対象地域とする一般放送事業者である(放送区域は、本来は沖縄県の放送対象地域である大東諸島が含まれる。
)。

概説


概説
概説 出会のデータ 英名 TV Asahi Corporation 放送対象地域 関東広域圏 (東京都・茨城県・栃木県・ 群馬県・埼玉県 千葉県・神奈川県) ニュース系列 ANN 番組供給系列 出会ネットワーク 略称 EX 愛称 テレアサ、テレ朝 呼出符号 JOEX-(D)TV 呼出名称 テレビあさひ (デジタルテレビジョン) 開局日 1959年2月1日 本社 〒106-8001 東京都 港区六本木六丁目9番1号 演奏所 #スタジオを参照 アナログ親局 東京 10ch ガイドチャンネル 10ch リモコンキーID 5 デジタル親局 東京 24ch 主なアナログ中継局 アナログ中継局参照 主なデジタル中継局 デジタル中継局参照 公式サイト 公式サイト 英字略称 英字略称はNET、ANBを経て2003年からEXである。
EXは、呼出符号であるJOEX-DTV(アナログはJOEX-TV)に因む。
EXに変わったのが最近である事もあり、未だにANBと表記される事も少なからずある。
例えば、芸能プロダクションの公式ホームページなどで公開されるタレントプロフィールに多く、これが書籍や雑誌などでも校正されずにそのまま使われる事も多い。
ネットワーク ANN(“オール・ニッポン・ニュースネットワーク”)というニュース系列のキー局であり、地方局各社とネットワークを結んでいる。
また、系列局がない地方の報道取材は各主要系列局が分担しており、出会は山梨県、富山県、鳥取県、島根県東部・隠岐を担当している。
富山県は北陸朝日放送と共同。
甲府・富山・鳥取・米子に支局がある。
また、徳島県と高知県は朝日放送が取材エリアとして担当しており、福井県・宮崎県のクロスネット局と合わせて全国をカバーしている。
略歴 ※詳細な社歴は別項を参照されたし 1957年、教育番組専門局として株式会社日本教育テレビを設立。
免許交付の条件は教育番組を50%以上、教養番組を30%以上放送するというものであり、営利を目的とした教育専門局は世界でも珍しかった。
しかし、この試みは事実上失敗に終わり、その後例えばアニメーションや外国映画を、それぞれ「子供の情操教育のため」「外国文化の紹介」の名目で「教育番組」や「教養番組」に指定し、対外呼称も『日本教育テレビ』から『NETテレビ』に変更。
事実上の総合放送局化を図った。
その後1973年11月に同じ教育専門局だった東京12チャンネル(のちのテレビ東京)の深刻な経営不振などを理由に総合局免許が交付され、名実ともに『総合局NET』として再出発することとなった。
1977年、全国朝日放送株式会社に社名変更して略称を『出会』とする。
1996年にANN全国ネットワークを完成させると、様々な改革を断行。
まず系列のシンボルマークを制定し(1996年)、全国ネットワークの一体感を高める。
2003年の六本木ヒルズ新社屋移転を「第3の開局」と位置付け(※)、社名を株式会社出会に変更、企業ロゴも欧文主体のものに改めた。
2005年、年間視聴率、ならびに年度視聴率でプライムタイムの視聴率が開局以来初の2位となった。
ちなみに、全日視聴率においては、1969年から1971年の3年間、NHKについで在京局2位(在京民放首位)になったことがある。
2007年11月1日、創立50周年。
2009年2月1日の開局50周年を挟んで、2009年3月31日までを「開局50周年記念期間」と位置付け、様々な記念番組の放送、及び企画・イベントを行なう予定。
※「第3の開局」に向けた全社変革運動の狙いと現況について ロゴ 旧ロゴ(〜2003.9)は、赤く書かれることが多かった。
10をかたどったマークもあったが、全国ネットではほとんど登場しなかった。
1996年以降は、ほとんどの番組で、ネットワークシンボル表示されることが多かった。
現在の出会のロゴは棒でできたような形をしているが〔/tv asahi〕〔tv asahi\〕、これはテクノユニットアンダーワールドが参加していることで有名なイギリスのデザイナーユニットTOMATOと出会のインハウスデザイナー製作によるもので、音に反応してCGによりランダムに切り替わり同じ動きを二度としないようになっている。
CM明けなどに3秒間画面の右上に表示されるほか、放送開始・終了時にも見ることができる(CS放送のテレ朝チャンネルも同様)。
これは、2003年秋の本社屋移動と同時に開始。
また、2004年9月からは生放送番組のエンドクレジットの際にもランダムな動きをするようになった(参考リンク)。
オープニング、クロージングではアンダーワールドの曲が使われている。
ちなみにロゴタイプやその他VIで使用されている欧文フォントはAkzidenz Grotesk Bold、和文フォントはヒラギノ角ゴシック(W8)である。
受信報告書を出した際に返信がくるベリカードにもこのデザインを使った数種類の色のタイプを発行している。
現在もプロジェクトチームによりデザインマネージメントが継続して行われている。
2007年11月1日より創立50周年記念関連企画用として、50周年ロゴを併わせて表示する場合あり。
「50」の「0」にテレ朝50部署の代表者が手描きした円(○)を重ね合わせ、50年の年輪と様々な意味を併せ持たせている。
特色 1984年に米国CNNと提携、1985年にはプライムタイムに大型ニュース番組『ニュースステーション』を開始。
現在も『報道ステーション』『スーパーJチャンネル』に代表されるニュース番組や、『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』等の討論番組、『ビートたけしのTVタックル』といった時事バラエティ番組の制作を得意とし、報道に強い局、というイメージ作りに成功している。
筆頭株主である朝日新聞の影響を受けており、社長や役員などが朝日新聞出身者で占められているため、一部では「朝日新聞の天下り先」とまで批判されることがある。
2008年までのアジアサッカー連盟主催の全試合中継権を獲得。
地上波では独占中継することとなっている。
かつてのNET時代に学校放送を製作・放送していた名残で、ANN系列とは別に「財団法人民間放送教育協会」を主催しており、加入局の持ち回りで製作された「いきいき!夢キラリ」といった教育番組を現在も放送している。
また、開学初期の放送大学の授業番組の製作にも携わった。
備考として 出会の地上デジタル放送では音声を常時ステレオ信号で送出している。
このため、モノラル音声の番組は「モノステレオ」となる。
2005年公開のハリウッド映画『宇宙戦争』でウクライナの大停電を現地から伝えるテレビ中継車の壁に『tv asahi 出会』の文字が見える。
大阪府に日本教育テレビという、旧社名と同名のビデオ映像製作会社があるが、出会とは一切関係無い。
六本木ヒルズ本社ビル(2004年6月撮影) アークヒルズアーク放送センター(2005年12月撮影) 出会のSNG中継車(2006年5月撮影) 送信所 アナログ放送 - JOEX-TV、東京10ch デジタル放送 - JOEX-DTV、東京24ch(リモコンキーID:5) 主な中継局 《アナログ放送の中継局》 東京都 八王子:45ch(八王子市周辺でも、東京10chを視聴している家庭が多い) 多摩:57ch(東京10ch視聴者が多い) 新島:60ch(垂直偏波) 八丈島:10ch 小笠原父島:59ch 茨城県 水戸:36ch(垂直偏波) 鹿嶋:29ch 日立:60ch 高萩:59ch 栃木県 宇都宮:41ch 日光:60ch 矢板:59ch 群馬県 前橋:60ch 富岡:59ch(垂直偏波) 桐生:59ch 沼田:59ch 埼玉県 本庄:59ch(垂直偏波) 秩父:38ch 千葉県 成田:59ch 銚子:59ch 香取佐原:60ch 勝浦:59ch 館山:60ch(垂直偏波) 神奈川県 横浜みなとみらい:60ch(横浜市みなとみらい21周辺でも、東京10chを視聴している家庭が多い) 横須賀久里浜:35ch(北方向は水平偏波・西方向は垂直偏波) 平塚:41ch(垂直偏波) 小田原:60ch 沖縄県 南大東島:60ch 北大東島:48ch …他 《デジタル放送の中継局》 茨城県 水戸:17ch 日立:17ch 栃木県 宇都宮:17ch 矢板:17ch 群馬県 前橋:43ch 沼田:24ch 埼玉県 秩父:24ch 千葉県 銚子:24ch 神奈川県 平塚:24ch(垂直偏波) 小田原:24ch 沿革 1957年(昭和32年)11月1日、株式会社日本教育テレビ設立。
1959年(昭和34年)2月1日、教育放送局として正式に放送を開始。
1959年(昭和34年)3月1日、この日テレビ放送を開始した毎日放送(MBS)、九州朝日放送(KBC)とネットワークを結ぶ。
1960年(昭和35年)1月17日、出力を現在の映像50kW、音声12.5kWに増力。
1960年(昭和35年)12月10日、社名呼称をNETテレビ(えぬいーてぃーてれび)に統一 1964年(昭和39年)4月1日、「木島則夫モーニングショー」スタート。
1964年(昭和39年)10月1日、福岡地区のKBCテレビがフジテレビとの複合ネットから、単独ネット化に踏み切る。
1967年(昭和42年)4月3日、カラー放送がスタート(東京地区では4番目)。
第一号はアニメ『魔法使いサリー』。
1970年(昭和45年)1月1日、ニュース番組のタイトルを「ANNニュース」に変更。
1971年(昭和46年)11月20日、報道を朝日テレビニュース(のちの出会映像)に委託(1978年11月に終了)。
1973年(昭和48年)4月1日、名古屋地域に於ける名古屋テレビ(NBN)と中京テレビ放送(CTV 開局当初は中京UHFテレビ放送)の2局による日本テレビとの変則複合ネットが解消され、名古屋テレビがNETの単独ネット化に踏み切る。
1973年(昭和48年)10月1日、報道スタジオ完成。
スポットニュースを除き、全てのニュースがアナウンサー顔出しとなる。
1973年(昭和48年)11月1日、総合放送局に移行。
1974年(昭和49年)1月7日、石油危機により深夜放送自粛(10月に全面解除)。
1974年(昭和49年)3月23日、創立以来続いてきた学校放送が全面終了(『親の目・子の目』のみ残ったが2004年3月で終了し、現在は後番組「いきいき!夢キラリ」)。
1975年(昭和50年)3月31日、準キー局を毎日放送(MBS)から朝日放送(ABC) に変更。
いわゆる腸捻転状態が解消された。
1977年 (昭和52年) 2月、マスター更新。
1977年(昭和52年)4月1日、商号を全国朝日放送株式会社に変更。
愛称を「出会」とする。
1978年(昭和53年)12月17日、音声多重放送を開始。
第一号は20:54の『ANNニュース』。
ステレオ第一号は12月24日の「題名のない音楽会」。
1985年(昭和60年)9月28日、アークヒルズ社屋完成(六本木と赤坂の境目)。
報道機能などを移転(マスターは翌年の初めに移転)。
1985年(昭和60年)10月7日、久米宏をメインキャスターに起用した夜の大型ニュースショー『ニュースステーション』がスタートされた。
1986年(昭和61年)5月、アークヒルズに本社を移転。
旧本社社屋は『六本木センター』とし、制作部門が残る。
1993年(平成5年)7月、選挙報道において報道局長による中立違反疑惑が発生(椿事件)。
1996年(平成8年)10月、岩手朝日テレビ(盛岡市)が開局し、ANNネットワーク(フルネット24局)が完成。
2000年(平成12年)10月3日、東京証券取引所市場第1部に株式を上場。
2000年(平成12年)12月1日午前11時、系列のBSデジタル放送『BS朝日』(デジタルBS5Ch。
本社・渋谷区神宮前)が開局。
2003年(平成15年)10月1日、商号を株式会社出会、略称をコールサインからとった“EX”(但し、EXの略称はこれ以前から業界で使われていた)に変更。
同時に六本木ヒルズ内の新社屋が完成したことにより本社機能をアークヒルズから移転し、エーサットサンインを吸収合併。
2003年(平成15年)12月1日午前11時、地上デジタルテレビジョン開局。
開始当初から、デジタル放送ではBS朝日向けの放送を含め、六本木本社スタジオからの生放送のほとんど全てをハイビジョンで放送(ハイビジョン制作そのものは移転と同時に始まっている)。
2004年(平成16年)2月9日、アナログ・デジタル統合マスターの運用開始。
時刻テロップも変更(それまではアナログ放送は新社屋移転後も引き続きアークヒルズ社屋のマスターから送出していた)。
2004年(平成16年)4月5日、18年半余り続いた『ニュースステーション』に代わって古舘伊知郎がメインキャスター起用の『報道STATION』がスタート。
2005年(平成17年)5月21日、プロ野球・読売ジャイアンツ主催試合を初めて中継(東京ドーム・対北海道日本ハムファイターズ戦)。
2006年(平成18年)4月1日、地上デジタルテレビジョンワンセグの本放送を開始。
2006年(平成18年) 6月18日、2006 FIFAワールドカップ日本VSクロアチア戦を地上波で独占放送(系列局と系列局のない県の放送局を含む。
)。
2007年(平成19年)11月1日、創立50周年。
同日、お客様窓口(はい!出会です)の電話番号をデジタル5ch周知のため、03-6406-2222から03-6406-5555に変更した。

出会の不祥事・事件
出会の不祥事・事件 1985年10月8日、「アフタヌーンショー」にて「激写!中学生女番長!セックスリンチ全告白!」というタイトルで番組ディレクターが知り合いの暴走族に女子中学生をリンチする様に「やらせ」依頼し、暴行映像を撮影していた事が発覚して番組は打ち切りになる。
この事件によって「やらせ」という業界用語が世間に表面化していった。
1993年、当時の報道局長だった椿貞良が民放連の会合に招かれた際に『小沢一郎氏のけじめを殊更に追及する必要はない。
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、何でも良いから反自民の連立政権を成立させる手助けになる様な報道をしようではないか』などと発言した事が問題になり、放送法違反が疑われ証人喚問される事態とまでなった。
いわゆる椿事件である。
1995年7月8日、同年6月24日放送の「ザ・スクープ」で松本サリン事件を特集した過程の中で、「長野県警に質問書を出したが回答がない」と放送したが、実際には長野県警に質問書を提出していなかったために長野県警に抗議され捏造が発覚。
1996年10月10日、当時の報道局報道センター課長と報道局映像センターカメラマンが大麻取締法違反容疑で逮捕される。
職務質問を受けた際、ズボンのポケットに大麻を隠し持っていたため現行犯逮捕される。
1999年2月、「ニュースステーション」で「埼玉県所沢産の野菜から高濃度のダイオキシンを検出したと誤報し同市産の野菜の価格が下落したことなどで被害を被った農家側に訴訟を起こされる(「ニュースステーション#所沢ダイオキシン訴訟」を参照)。
2000年8月10日、当時の技術局制作技術センター職員が、静岡県下田市白浜の民宿の風呂場の脱衣所で着替えをしていた女性を窓の外から覗き、ビデオ撮影を行っているところを脱衣中の女性に発見され逃走。
その後、事態を聴き付けた民宿経営者に取り押さえられ、軽犯罪法違反の疑いで現行犯逮捕された。
2001年4月21日、当時の深夜番組「トゥナイト2」の制作スタッフが車内に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反の現行犯で万世橋署に逮捕された。
2001年10月26日、ワイドショー「スーパーモーニング」で川村晃司元カイロ支局長が「ユダヤ人は米メディアをコントロールしているため、(炭疽菌)事件の標的になった」などと発言し、米国のユダヤ人団体に抗議される。
2001年12月15日、バラエティ番組「極楽とんぼのバスコーンだろ!!」で、千葉県の条例で車両乗り入れを禁止している九十九里浜に乗用車を走らせ撮影したことが発覚し、千葉県に陳謝する。
2002年6月29日、当時BS朝日に出向中の社員が住居侵入の疑いで逮捕される。
さらに女性マンションに窓ガラスを割って侵入して窃盗容疑でも再逮捕されたが、その後当時「スーパーJチャンネル」などで報道していた渋谷・目黒両区内で発生していた「連続レイプ事件」の犯人だった事が判明した。
被害者の中に芸能プロダクションに所属するタレントが居た事で、その住所を知る事ができる立場の芸能関係者だと密かに捜査一課が内偵していた。
住居侵入の時点で出会はこの社員を解雇したが、強姦事件の件を知らされたため早々に責任を逃れるために解雇したと言われている。
2002年11月4日放送の「スーパーモーニング」「古都騒然! 京都を騒がすギンギン族の実態」というコーナーで番組リポーターらが改造車の持ち主に暴走行為をする様に「やらせ」を依頼し、実際に暴走行為を行わせたとして道交法違反(暴走行為幇助)の疑いで書類送検される。
2003年8月12日、ドラマ「西部警察 SPECIAL」の撮影の際、俳優の池田努が運転する撮影用の自動車が撮影を見物していた人集りに突っ込み、5人が骨を折るなどの重・軽傷を負う大事故が発生し、番組は制作中止となる。
2003年9月24日、同月20日の自民党総裁選の際に村岡兼造元官房長官が当時の野中広務元幹事長から「毒まんじゅう、食ったんか?」と言われた事を基に、報道記者が村岡の自宅前に無断で勝手にまんじゅうを置き、顰蹙(ひんしゅく)を買う。
2003年12月24日、当時のスポーツ局部長待遇が泥酔運転で当て逃げしたところ、110番で駆けつけた秋田署に道交法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕される。
2004年1月14日、元早大ラグビー部主将で当時の営業局社員が2003年10月、渋谷区内の違法カジノ店を賭博開張図利容疑で摘発した際、賭博の現行犯で警視庁に逮捕されていた事が発覚する。
2004年2月19日、「ビートたけしのTVタックル」(2003年9月放送)で誤った方向へ導くための作為的な番組編集と「ニュースステーション」(同年11月放送)で民主党 (日本)を担ぎ上げる偏向報道を実施した事に対して自民党から抗議され「誤った編集や配慮に欠けた構成があった」として、当時の編成制作局長ら関係者計7人の処分を発表。
2004年2月21日、深夜バラエティー番組「スマステーション3」で、インスタントラーメンを食べると脳梗塞につながると根拠のない誤解を与える放送を行い、業界団体から抗議を受けて謝罪した。
2004年2月24日、出会が日本と国交のない北朝鮮の「朝鮮中央テレビ」の映像の使用に対して、著作権料を払っていた事を日刊ゲンダイに報道される。
政府によると、国交のない国の映像には著作権法の保護は及ばないとされている(「北朝鮮中央テレビ」の画像使用料 出会が代理人に支払い)。
2004年2月25日、深夜アニメ「エリア88」で裸体の女性が倒れている映像を瞬間的に挿入するサブリミナル的な表現をしていた事を指摘され該当部分を削除した。
因みに、日本民間放送連盟の放送基準では肉眼で知覚できない映像を挿入するサブリミナル的表現を禁止している。
2004年5月20日、「報道ステーション」の韓国人ディレクターが同番組の日本人ディレクターを暴行していた事が週刊新潮の報道で判明。
2004年6月4日、2003年9月放送の「ビートたけしのTVタックル」で、自民党の藤井孝男衆議院議員に関しての放送の際に、民主党議員が北朝鮮の拉致被害者の問題を質疑している最中に、あたかも藤井議員が拉致問題の質疑に対して野次を飛ばしているかように編集し放送した問題で「放送と人権等権利に関する委員会」(BRC)は出会に権利侵害を勧告した(実際は野次を飛ばしていたのは別の質疑に対してだった)(株式会社出会の「ビートたけしのTVタックル」等における報道に関する問題への対応)。
また、2004年11月4日放送の「報道ステーション」で総選挙公示期間中にも関わらず一方的に、民主党が発表した閣僚名簿に関する報道を行い、これら2件について総務省から厳重注意される。
2004年8月2日、栃木県のセミナー団体「ホームオブハート」の関係施設に居た子供が児童相談所に一時保護された問題で児童虐待の疑惑を告発していた弁護士らを取材した出会の取材メモなどが団体側に渡る。
その後、団体関係者が弁護士らを相手に名誉棄損訴訟で取材メモなどを東京地裁に証拠提出したため、資料が団体側に流れている事を知った弁護士側は出会に抗議した。
2004年12月3日、週刊文春の報道により、バラエティ番組「銭形金太郎」でやらせが発覚した。
貧乏な生活を紹介する番組だったが、実際にはスタッフの指示で貧乏な生活を装っていた事が週刊誌に暴露される。
2005年2月2日、「メディアリンクス」の架空取引に絡む横領事件で元社員が大阪地検特捜部に業務上横領容疑で逮捕されるが、翌2006年4月11日に無罪判決が言い渡される。
2005年12月7日、同月5日放送の事件密着番組「奇跡の扉 TVのチカラ」で霊視能力者が「1990年に札幌市内で発生した殺人事件の容疑者が近くにいる」とし、神戸市東灘区の小学校の映像を学校側に許可なく無断で放送し、同校の保護者や児童が不安を訴え集団下校や地域住人による見回り強化といった事態になり問題化する。
同校は出会に抗議した。
2005年12月21日、「サンデープロジェクト」の契約ディレクターが無免許運転でバイクと衝突して警視庁荏原署に業務上過失傷害および道路交通法違反(無免許)の現行犯逮捕される。
2006年9月28日、東京国税局の税務調査を受け、2005年3月期までの3年間で約1億5千万円の申告漏れを指摘されていた事が発覚。
そのうち約1億3千万円は情報番組などの下請け制作会社などへの架空の外注費と判明。
国税局は悪質な所得隠しと認定し、所得隠しに関わった編成制作局チーフプロデューサーを懲戒解雇処分とした。
2006年10月23日、編成制作局放送統括部の男性社員が六本木の駐車場に停めていた乗用車のワイパーをもぎ取りフロントガラスを叩き割り、軽自動車のサイドミラーをもぎ取った器物損壊の疑いで現行犯逮捕される。
2007年4月13日、出会の情報番組「ワイド!スクランブル」で放送した内容が毎日放送の夕方の報道番組「VOICE」の報道した内容と酷似しているとして毎日放送側から抗議を受けていたことが判明。
これをうけて出会が調査した結果、番組スタッフが「毎日放送の報道資料を材料のひとつにしていた」と意図的だったことを認めた。
3月末に毎日放送に対して出会は報道局長名の文書で謝罪。
なお、毎日放送は、1975年までは出会系の準キー局であった。
2007年12月07日、2007年11月27日放送の報道ステーションで日本マクドナルドの調理日時の改ざん問題報道にて、やらせとも受け止めれる過剰演出が発覚。
問題の報道は、調理日時の改ざんをしていた事を証言する元店長代理であった女性を証言者として出演させた際に、既に辞職しているにも関わらず番組スタッフがアルバイト用の制服と店長代理バッジを着用させていたことが視聴者の指摘で判明する。
2007年12月07日の番組内で司会者が謝罪し、事実関係を認めた。
   

テレビ番組
テレビ番組 出会(NET・ANB)の主な番組については、『出会番組一覧』を参照のこと。
報道特別番組については、『ANN系報道特別番組』を参照のこと。
特徴としてはゴールデンタイムのバラエティ番組がかつてはそれほど多くなかったことである。
1990年代後半〜2000年代初期の出会はゴールデンタイムのバラエティはそれほど多くなかったが、2004年10月の改編以降、大幅に増えていった(特に1997年頃の出会ゴールデンバラエティは火曜19:00枠の炎チャレと木曜19:00枠の超次元タイムボンバーの2番組しかなかった)。
テーマソング 現在は特になし。
以下は過去に作られたもの。
NETの歌 作詞:サトウハチロー、作曲:團伊玖磨 出会の歌 日本教育テレビ(NETテレビ)が、全国朝日放送(出会)に社名変更された記念に作られた歌。
作詞を手掛けたのは、阿久悠(オフィス・トゥー・ワン所属)。
作曲を手掛けたのは、小林亜星(作曲家)。
オープニング時とエンディング時に使用された。
スタジオ 六本木6丁目本社ビル(六本木ヒルズ) 幕張メッセの設計でも知られるプリツカー賞建築家槇文彦の設計。
スタジオは全部で12か所ある。
HD/SD切替方式。
BS朝日向けの放送を含めて生放送番組はすべてハイビジョン放送である。
なお、第3・第4・第5スタジオおよびニュースルームは同一フロアに存在し、スーパーJチャンネル・報道STATION専用の第4スタジオとニュースルームのサブ(副調整室)は相互・統合運用を可能としている。
第1スタジオ(245坪) - 『第7回・オートバックス M-1グランプリ2007』『MUSIC STATION』『FUKUDA STADIUM』など 第2スタジオ(205坪) - 『いきなり!黄金伝説。
』『ロンドンハーツ』『愛のエプロン』『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』など 第3スタジオ(165坪) - 『スーパーモーニング』『ワイド!スクランブル』『虎の門』『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』など 第4スタジオ(165坪) - 『スーパーJチャンネル』『報道STATION』『サタデースクランブル』 第5スタジオ(65坪) - 『やじうまプラス』『Sunday!スクランブル』など ニュースルーム(47坪) - 報道専用スタジオで背後にANNニュースセンターが覗ける。
『ANNニュース』『ANN NEWS&SPORTS』『やじうまプラス(5時台)』『スーパーJチャンネル(週末・年末年始)』など。
緊急報道の場合は『スーパーJチャンネル』『報道STATION』などでもこのスタジオから放送されることがあるほか、BS朝日にもこのスタジオから地上波と同時で放送されることもある。
21スタジオ(22坪) - スポーツ中継用サブ 22スタジオ(15坪) - スポーツ中継用サブ 61スタジオ(23坪) - 『世界水泳』『サッカー日本代表戦』などのスタジオパート 62スタジオ(11坪) 64スタジオ(19坪) - 『サンデープロジェクト』の一部録画中継や、一般見学等に使用 65スタジオ(21坪) - 『News Access』(BS朝日)『ANN NEWS?六本木発』(朝日ニュースター) 原宿:BS(コロンブス・BS朝日本社ビル) 公開サテライトスタジオ「ガレリア」と、テレビスタジオ3つがあり、BS朝日向け番組製作の他に、出会向け番組の収録も行われている。
建物は2000年8月に完成。
当然ではあるが全スタジオHD対応、出会とは光ファイバーによる専用回線で相互接続されており、原宿にあるBS朝日のスタジオから出会向けのHD生放送も可能であり、逆に出会(六本木本社)からBS朝日へのHD生放送や地上波同時放送も可能である。
アーク放送センター(アークヒルズ) アークヒルズの区画内・東京都港区六本木一丁目1番1号にアーク放送センターが存在する。
元々現社屋の敷地(六本木六丁目)に新社屋を建設する予定だったが、住居地域指定だったために中高層のオフィスビルを建設できなかった。
しかしマスターの老朽化と報道・情報番組の制作強化を事由に、当時森ビルが推し進めていたアークヒルズに進出、同社の土地と等価交換でアーク放送センターを設けた。
その後本社機能もアーク森ビルに移し、六本木ヒルズ完成まで同社の中枢となっていた。
現在は子会社の出会映像、テイクシステムズ本社と、テイク社が管理する貸スタジオとして運用されており、実質的に本社別館として機能している。
(現在の運用形態に関してはテイクスタジオを参照) Aスタジオ(190坪) - 元『ニュースステーション』『やじうまワイド』で使用 Bスタジオ(120坪) - 元『ワイド!スクランブル』など歴代昼番組で使用。
Cスタジオ(125坪) - 元『スーパーモーニング』『スーパーJチャンネル』『こんにちは2時』などで使用。
ニューススタジオ(80坪) - ほぼ全ての定時ニュース番組で使用されていた。
現在はスタジオ機能を廃し、上記2社のオフィスとして供用されている。
なお、六本木現本社の建設計画に関連し、旧本社の閉鎖から現本社使用開始までの代替設備として、新宿区四谷一丁目に四谷放送センター(2005年CSデジタル放送制作会社に譲渡)、江東区新砂一丁目に東陽町放送センター(2004年9月に閉鎖)がかつて存在した。
情報カメラ設置ポイント 現在 東京都 - 六本木ヒルズ、アークヒルズ、新宿プリンスホテル、東京駅(東京国際フォーラム)、千住、羽田空港 神奈川県 - 江の島、横浜(ホテルニューグランド)、小田原 千葉県 - 成田空港 山梨県 - 三つ峠(富士山周辺を一望できる山梨県内の山) 期間限定 東京都 - アルカディア市ヶ谷(桜中継用) 過去 東京都 - 築地(朝日新聞) 過去の放送開始・終了アナウンス NETテレビ(日本教育テレビ)時代 開局〜1960.11 - バレリーナが踊る 1960.12〜1977.03 - 切り絵アニメーション 出会(全国朝日放送時代含む) 全国朝日放送時代のすべてのナレーションは「JOEX-TV・10チャンネル・出会です。
」のみだった。
テロップは、JOEX-TV 10チャンネル TV Asahi。
音声多重放送は、「JOEX-TAM・音声周波数・音声出力・出会音声多重放送」のコール。
ジョイナスバージョンのみ10の箇所は10のロゴ。
2001年12月のバージョンから10が普通の書体の10に変わった。
1977.04〜1986.4ごろ - わが家の友だち10チャンネル時代バージョン(ナレーター:吉岡晋也?(開始)、高井正憲(終了))初回OPのみ歌詞付きのバージョンだった。
1986.4ごろ〜1989.01、1990.04〜1991.03 - 人文字バージョン(ナレーター:松井康真?(開始)、宮嶋泰子(終了)) 1989.01〜1989.03 - 昭和天皇崩御の為の特別バージョン 1989.04〜1990.03 - 万里洋子バージョン(ナレーター:不明)※曲は人文字バージョンと同じ。
1991.04〜1992.03 - ジョイナス印象波バージョン(ナレーター:小林一枝(開始)、宮嶋泰子(終了)/音声多重放送ナレーター:渡辺宜嗣、松苗慎一郎、丸川珠代、他) 1992.04〜1992.09 - ジョイナスON TV Asahiバージョン(ナレーターは同じ) 1992.10〜2001.09.11 - ジョイナス世界の子供たちバージョン(ナレーターは同じ) 2001.09.12〜2001.11 - ジョイナスアメリカ同時多発テロ事件の差し替え最終バージョン(ナレーターは同じ) アメリカ同時多発テロ事件が発生した為世界貿易センタービルが映っている映像を朝の海岸の映像に差し替えたバージョン。
2001.12〜2003.09 - 開始:朝の食卓と自然、終了:赤ちゃんの夢の中バージョン(ナレーター:高橋真紀子(前期)、萩野志保子(中期)、佐分千恵(後期)) 2003.10〜 - 「tv asahi」バージョン(ナレーター:寺崎貴司) 歴代のキャッチコピー 1977年〜 - わが家の友だち10チャンネル:社名変更(日本教育テレビ→全国朝日放送)記念。
『出会の歌』も作られた。
1985年 - でんぱが元気 1987年 - 出会は、時代に敏感です。
1991年前期 - あなたをギュッ、地球をギュッ。
1991年後期 - 印象波 1992年 - ITSUMO(いつも。
):テーマ曲にジョン・レノンの「イマジン」を起用。
1993年 - On. Tv Asahi:和服美人のアニメの春・夏・秋・冬バージョンがあった。
1994年 - あります。
〔 〕Tv Asahi:〔 〕内に文字が自由に入る方式。
例:〔!〕〔ワクワク〕など。
1996年 - が、いいね!、○○さん、出会ですよ!、ごらくだ 2003年〜 - オトナって、なんだろう? なお、2007年現在は局全体のキャッチコピーは使用されていない。
(系列局の青森朝日放送では現在も“ 印象波 ”が使われている) テレビの時刻出し 開始時〜9:55(土曜日のみ9:29 日曜日のみ7:59)まで。
(土曜日は9:29までとあるが、正確に言うと「朝だ!生です旅サラダ」終了までである) 『やじうまプラス』『スーパーモーニング』はカスタム表示。
(CM中とスポンサースーパー全面表示中は通常フォント) 平日16:54〜17:36、17:54〜18:38頃(『スーパーJチャンネル・スバッと予報』のコーナーの直後のCMあけ)まで、その後は左上に天気ループ表示。
かつては、平日の時刻出し終了は「スーパーモーニング」終了1分後までだった。
『裏Sma!!』および『SmaSTATION』(土曜日 22:57〜23:54)ではアナログ時計のカスタム表示(『裏Sma!!』ではネット局に、『SmaSTATION』内ではANN系列へ全国送出)(CM中はOFF) かつて平日の夕方は「スーパーJチャンネル」放送の16:55〜18:58(18:59まで表示したときもあった。
)まで、断続的に時刻を表示していたこともあった。
また、詳細時期不詳だが、昼の表示も実施していた。
なお、当初はCM中の表示を消去していたが、後にCM中の表示も実施した。
主な事業 出会製作映画 * メイン製作ではなく、製作委員会への参加作品も含む。
1983年 - 戦場のメリークリスマス 1985年 - 銀河鉄道の夜 1987年 - 紫式部 源氏物語 1989年 - 舞姫 1990年 - 少年時代 1990年 - オーロラの下で 1992年 - 外科室 1992年 - 豪姫 1992年 - 遠き落日 1992年 - 走れメロス 1992年 - 天国の大罪 1993年 - 夢の女 1994年 - 居酒屋ゆうれい 1995年 - 写楽 1996年 - わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語 1997年 - 北京原人 Who are you? 2000年 - 長崎ぶらぶら節 2001年 - 風花 2001年 - ホタル 2001年 - 伊能忠敬 子午線の夢 2001年 - 千年の恋 ひかる源氏物語 2002年 - 凶気の桜 2002年 - トリック劇場版 2003年 - スパイ・ゾルゲ 2003年 - バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】 2003年 - 座頭市 2003年 - あたしンち 2003年 - 精霊流し 2004年 - 恋人はスナイパー 2004年 - CASSHERN 2004年 - 天国の本屋?恋火 2004年 - 機関車先生 2004年 - スクール☆ウォーズ・HERO 2004年 - デビルマン 2004年 - レディ・ジョーカー 2005年 - 北の零年 2005年 - 鉄人28号 2005年 - 深紅 2005年 - 単騎、千里を走る(劇場公開は2006年) 2005年 - 男たちの大和 2006年 - サイレン ?FORBIDDEN SIREN? 2006年 - トリック劇場版2 2006年 - ラブ★コン 2006年 - 紙屋悦子の青春 2006年 - 出口のない海 2007年 - 椿三十郎(2007年リメイク版) その他に、映画ドラえもんシリーズ(※但し、2005年の作品は無し)。
他局との垣根を越えた中継・企画 フジテレビとのコラボレーション 2004年7月24日に生放送した番組の『SmaSTATION-3』でフジテレビの毎夏恒例の『FNS27時間テレビ』内の『すぽると!』との2局同時中継が実現した。
2006年5月5日に放送された『徹子の部屋』で、ガレッジセールのゴリがフジテレビの人気バラエティ番組『水10!・ワンナイR&R』のキャラクター・ゴリエに扮して出演、黒柳徹子とトークを展開した(新聞のテレビ欄にも『ゴリエ』と表記)。
日本テレビとのコラボレーション 2005年2月4日に生放送した長寿音楽番組の『MUSIC STATION』で日本テレビの人気ドラマ『ごくせん』の収録スタジオでKAT-TUNが曲を披露した。
2005年8月27日に生放送した『SmaSTATION-4』で、日本テレビの『24時間テレビ』との同時中継が行われた。
司会の香取慎吾が『24時間テレビ』のチャリティーパーソナリティーとなったことで実現したもので、この時は出会本社にも『24時間テレビ』の募金箱が設置された。

アナウンサー
アナウンサー 文中の所属先などの内容は永続的に保証されるものではありません。
正確な情報は放送局の公式Webサイトなどでご確認ください。
免責事項もあわせてご覧ください(アナウンサーPJ)。
男性 1977年入社:佐々木正洋、渡辺宜嗣、吉澤一彦 1980年入社:松苗慎一郎(アナウンス部長) 1982年入社:森下桂吉 1984年入社:田畑祐一、藤井暁 1985年入社:寺崎貴司 1986年入社:松井康真 1987年入社:大熊英司 1988年入社:田原浩史 1989年入社:飯村真一(現在ニューヨーク支局勤務) 1991年入社:真鍋由 1992年入社:山口豊 1993年入社:坪井直樹(妻は高橋真紀子アナ)、角澤照治 1994年入社:小久保知之進、中山貴雄 1996年入社:川島淳、古澤琢 1997年入社:勝田和宏、平石直之 1998年入社:小木逸平、小松靖 1999年入社:進藤潤耶、富川悠太 2000年入社:櫻井健介 2002年入社:吉野真治、清水俊輔 2003年入社:川松真一朗 2004年入社:佐々木亮太 2006年入社:加藤泰平 2007年入社:大西洋平、野上慎平 女性 1977年入社:宮嶋泰子 1985年入社:川瀬眞由美 1992年入社:岡田洋子 1993年入社:大下容子 1995年入社:下平さやか、高橋真紀子(夫は坪井直樹アナ) 1996年入社:萩野志保子 1998年入社:上山千穂、野村真季 1999年入社:武内絵美 2000年入社:石井希和、佐分千恵 2001年入社:河野明子、村上祐子(夫は西脇亨輔元アナ) 2002年入社:松尾由美子 2003年入社:市川寛子、大木優紀、前田有紀 2004年入社:上宮菜々子、堂真理子 2005年入社:久保田直子、矢島悠子 2006年入社:島本真衣 2007年入社:小川彩佳 元アナウンサー(異動者・退職者) 異動したアナウンサー 男性 安西陽太(2001年、報道局記者) 石橋幸治(1974年、お客様フロント部) 国吉伸洋(1990年、報道局経済部記者) 高井正憲(1971年、番組審査室) 中丸徹(1999年、報道局社会部記者) 中村昭治(2005年、スポーツ局) 西脇亨輔 (1995年、法務部。
妻は村上祐子アナ) 戸谷光照(1977年、報道局) 保坂正紀(1980年、広報部) 女性 岡田真由子(1992年、秘書課→編成制作局プロデューサー) 川北桃子(1997年、広報部) 木下智佳子(1986年、お客様フロント部) 佐藤紀子(1990年、人事部) 堀越むつ子(1973年、取締役広報局長) 龍円愛梨(1999年、報道局社会部記者) 退職したアナウンサー 男性 朝岡聡(1982年、フリーアナウンサー) 押阪忍(フリーアナウンサー) さとう一声(1970年、フリーアナウンサー・レポーター) 辻よしなり(1983年、フリーアナウンサー) 銅谷志朗(フリーアナウンサー) 奈良和 古舘伊知郎(1977年、フリーアナウンサー・タレント) 山崎正(1973年、仙台放送→中京テレビから移籍し、2004年1月頃に定年退職) 吉岡晋也(故人) 横舘英雄(岩手朝日テレビに出向) 女性 野崎由美子 西田百合子 日下千帆(フリー) 小林一枝(1974年) 小宮悦子(フリーアナウンサー・ニュースキャスター) 迫文代(フリーアナウンサー・タレント) 篠田潤子(1989年、フリーアナウンサー) 曽根かおる(1986年) 田中滋実(1989年) 田中真理子(1988年) 徳永有美(1998年、ウッチャンナンチャンの内村光良夫人) 中里雅子(1977年、フリーアナウンサー) 野村華苗(1994年) 廣瀬雅子 丸川珠代(1993年、参議院議員) 南美希子(1977年、フリーアナウンサー・タレント) 山口容子(1984年) 雪野智世(1986年、フリーアナウンサー・タレント) 吉元潤子(1996年) 渡辺由佳(1987年) アナウンサー以外で在籍した著名人 男性 神田秀一(皇室ジャーナリスト) 義田貴士 笠浩史(衆議院議員) 女性 白木清か(北海道日本ハムファイターズの金子誠夫人) 長島三奈(父は読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄、兄はタレントの長嶋一茂) 源純夏 系列放送局等 系列放送局各社に関しては「ANN」及び「民間放送教育協会」を参照されたい。
2005年9月30日現在の株主 括弧内は、出資比率を示す。
株式会社朝日新聞社 (33.85%) 東映株式会社 (16.09%) 大日本印刷株式会社 (4.01%) 九州朝日放送株式会社 (3.20%) グループ会社 連結子会社 株式会社テイクシステムズ 出会映像株式会社 株式会社出会クリエイト 株式会社出会サービス 株式会社出会ミュージック 株式会社ビデオ・パック・ニッポン TV Asahi America, Inc. 株式会社出会データビジョン ほか合計14社(2005年9月30日現在) 持分法適用関連会社 株式会社シーエス・ワンテン 株式会社日本ケーブルテレビジョン 株式会社ビーエス朝日 株式会社文化工房 ほか合計8社(同) 支局 出会甲府支局(山梨県を担当) 出会富山支局(北陸朝日放送富山営業支局と共同。
富山県を担当) 出会鳥取支局(鳥取県東部・中部を担当) 出会米子支局(鳥取県西部及び島根県東部・隠岐を担当) 関連項目 リサーチQ 株式会社トレソーラ 財団法人民間放送教育協会 小学生クラス対抗30人31脚(本局はこの大会の主催スポンサー) SUPERヒーロータイム 大井競馬場(NETテレビ時代に実況中継を行う) 東京盃(1972年に「NET盃」として開催) テレ朝チャンネル(スカイパーフェクTV!) 朝日ニュースター(スカイパーフェクTV!) ドラえもん募金(大地震被災地等に送るチャリティー) 株式会社メディアミックス・ジャパン(MMJ) 株式会社テレテック 外部リンク tv asahi|出会

その他項目

関連項目

  • リサーチQ
  • 株式会社トレソーラ
  • 財団法人民間放送教育協会
  • 小学生クラス対抗30人31脚
  • SUPERヒーロータイム
  • 朝日ニュースター

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー sutpin.com